読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレ起業でビジネス女子*華の命は短い*

個人起業を目指すOLの本業をやりつつ、キャッシュポイントを増やすための学びを共有するブログ

MENU

検索1ページ目に記事が載ったから、SEO対策がなぜ必要か今更考える

メディア設計

ブログ100記事を超えて、アクセスアップに乗り出してみようという気になってきました(遅)!この間このブログで、 月1000pv行った♪って報告してさらに検索かけたら月5万pvって書いている人がいて凹みつつありますw

 

wineandworkahol.hatenablog.com

 

ということで、今まで「なんかよく分からない」という理由で避けてきたSEO対策を色々なブログを調べつつ、トライしたいと思います!

 

が、その前にSEOってなんじゃ?というのと、なぜにSEO対策をやるべきかについて、自分を納得させる意味でも考えます。

 

f:id:wineandworkahol:20170310080236j:image

 

SEOってそもそも何?

SEOの意味

本業はWEBディレクターのワタクシ。ということで、SEOの何たるかは知っているつもり!

SEOって何?って簡単にいうと、いかに自分のサイトを検索エンジンの検索結果に表示してもらうか、ということだと思っています。

私の場合、自社のECサイト構築のWEBディレクターですが、アプリケーション開発側なのでフロントでの対策はあまりやりません。

そして、自社サイトは知名度が高いため1日で10万pvとかが普通。そのため業務ではあまり突き詰めたものがなくて、その辺詳しくないんです…

私の仕事は、どちらかというと、使ってもらう人(すでに検索から流入してきた人)に対して、どのくらい居心地が良いECサイトを作るかという観点の方が多いです。

なので、自分のブログのSEO対策があまりできていない…(泣)←ダメWEB開発者w

 

ブログにSEO対策が必要な意味

なんでそんなにSEOが叫ばれているのか…

私が大学でWEBシステムを学び始めた頃はあまりそういう考え方はありませんでした。

まだGoogleが日本で出始めだ時代…懐かしいですw

この10年間でSEO対策というのはGoogleなどのサーチエンジン検索エンジン)が、地位を確立してきてから叫ばれているもののような気がしてなりません。

10年前はまだホームページやブログなどのサービスの充実も少なかったし、個人でサイトやブログを持っている人は、少なかったんですね。

今は、時代が違う!

個人でサイトやブログを簡単に作れるようになり、スマホが普及してどこでもウェブコンテンツをインターネット上で見れることで、「自分もやってみよう♪」という人が本当に増えた。

10年前とは、ホームページやブログなどWEBページの数がものすごく増えているんですね。

 

そんな時代だからこそ、銀河にぽつんとうっすら輝くのが個人のブログの始まりな訳です。ブログを書いている私は、誰にも見つけてもらえない惑星で、たった一人で暮らしている生命体なんです。

そんな無名で、地球にも近くの星にも輝きを届けられない惑星に住む私…

自分の存在を他の星や地球に知ってもらえるためには、輝きが弱いからこそ「探査機」の存在が重要な鍵なのです!!

 

それがいわゆる、Google探査機やYahoo!探査機…そう検索サイト!!

地球人が窓に言葉を入れると、色々な惑星から色々な情報を送ってくれるめっちゃ便利な探査機。

この探査機に、お!この惑星いいなぁ…と思わせることができれば、何人もの人に自分のブログや自分を紹介してもらえる訳なんですよね。

 

検索サイトの気持ちになってみる

検索サイトって無料で利用できますよね。GoogleYahoo!百度もみんな無料です。1ワード調べるのに100円とか払ってないですよね?

 

もし払っている人がいたら、それは詐欺なのですぐに解約しましょうw

 

そのくらい検索するのってコストがかからない方法です。ということは、検索サイトを運営しているだけでは、会社はできない。

収益がないなら、会社は成り立ちませんから当たり前ですよね?

 

じゃぁ検索サイトを運営している会社って何で稼いでいるかというと、「広告費」です。検索結果の上位に出てくる「広告」「PR」というあれ。

特定のワードを検索した時に、上から3番目までに必ず出しますから、お金くださいねっていうビジネスモデルです。

 

ビジネスモデル的に、より多くの人に何度も使われている検索サイトにした方が、検索サイト運営会社は広告主に強くでれますよね。

これは、テレビのコマーシャルなども同じ戦略なんじゃないかと思います。視聴率40%の番組の広告出稿費は、多分何億にもなると思います。

そのくらい、広告主にとって効果が大きいんです。

 

検索サイトだって同じで、1日に10人にしか見られていないサイトと、20億人見るサイトだったらどっちが広告の効果が大きいですか?ということです。

 

一時期、まとめサイトが流行った時にGoogleよりもTwitterで検索した方が確度が高い情報が得られるという傾向になったことがありました。

まとめサイトは色々な情報を1ページのウェブサイトで見られるのがウケましたが、その結果これは本当なの?という情報まで出てきて、検索する方が訳が分からなくなったんだと思います。

 

検索する人は自分が知りたい情報がすぐに、早く分かるために検索サイトを使うのに、自分で情報の取捨選択を迫られてしまった。

 

じゃぁ、検索サイトじゃなくて皆が本音をつぶやいているTwitterでいいや…ってことになりかけたため、検索サイトはより本当の情報を、より有益な情報を検索結果の上位に出すように努力することが、「信頼感」を取り戻すために必要になったのだと思っています。

 

ということでSEO対策はやる意味があるってことで、これから頑張ろうという決意表明でしたw

 

本日も良い1日をお過ごしください♪