華の命は短い*女の自分を幸せにするコツ*

「キャリアアップが楽しい!」と思えるポジティブな出世を目指すブログ

MENU

私が実現したいビジョン

今日は私が実現したいビジョンや自分がこういうことで役に立っていきたいと思うことをご紹介します。会社でいうところの経営理念になるのかもしれません。

 

ビジネスに関わりたい女性がビジネスで活躍できる社会を

30代に入り周りは結婚や子育てをする人も多くなってきました。私自身もこの1年あまりで2回も自分のキャリアを諦めざるを得ない状況に直面していきました。(実はいまも真っ只中 笑)

 

女性はライフイベントに左右されて、キャリアが分断されたり諦めなければいけない状況が多い。それに悩む女性もとっても多いと思います。

 

結婚か仕事か。子育てか仕事か。好きなことか仕事か。パートナーの転勤か仕事か。どんなときでもなぜか二者択一を迫られる。

 

どうしてすべてを手に入れることができないんでしょうか。こんなにも技術がすごいスピードで進化しているのに、女性の働き方って全然進化しない。「いままではできなかったこと」も「実現可能」なのに、なぜか優先順位が低い。

 

働く男性の皆さんに聞きたいのは、今自分のキャリアを諦めて一生平社員で働けって言われたらどうしますか?悩みますよね?

女性も同じです。パートナーの転勤の帯同、結婚、出産、子育て…すべて幸せになるために不可欠なのに、そのせいで夜も眠れない日もあること。そんなことっておかしい。

 

社会を変えるのは大変です。考えることも十人十色で時間も掛かる。

 

でも働く女性が変わることならそれより簡単なんじゃないかと思っています。特に仕事の仕方を変えることで、減らさざるを得ない時間分だけ効率的に仕事をすれば成果は同じか、もっとハイパフォーマンスになるんじゃないかと。

 

Minimal Worker to High Perfomer

 

働く時間が限られているからこそ、最大限の成果をあげる。だから社会からもっと欲しいって言われる。

そんな女性を増やす手助けが少しでもできればと思っております。


キャリアの作り方の実況中継で、ロールモデル

ロールモデルというとだいぶおこがましいですが、こんなキャリアの歩み方もあると一人でもいいから、思って欲しい。

 

とくに20代〜30代の女性には、死ぬほど働かなくても幸せを感じながら、自分が充実したキャリアを歩んでいくことができるんだと。

 

後輩の女性たちは口を揃えて「AkiMuraさんみたいに仕事ができるようになれません」「私にそんな能力ないんです」と言います。今は曲りなりにも仕事ができるように見えるけど、私だって最初からできたわけではないんだよ〜と伝えています。

 

今みんなが見ている私はほんの一部分で、今の職種では完成された形かもしれません。でも死に物狂いで昼食も食べれないほど忙しい日が2年も続いたし、夜勤もあるのにビジネススクールで死にそうなほど勉強した。

 

でも全部が全部、本当に無駄なことなんてなかったのか?

無駄なことなんていっぱいありました。やらなくていいこととか、失敗したこともいっぱいあります。うまくできなかったこともたくさんあります。

 

だからね、一つ一つそれをお伝えすることで、「あぁ、こんな人もいるんだなぁ」くらいに思ってもらえればいいです。

そして、こんなことがあってもこんなキャリアの作り方もあるんだなって一人でも多くの人に思ってもらえるようになることが、実現したい目標です。

 

 

今回はちょっと真面目な話?熱がこもってしまいました。

最後まで読んでいただきありがとうございます♪