読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレ起業でビジネス女子*華の命は短い*

個人起業を目指すOLの本業をやりつつ、キャッシュポイントを増やすための学びを共有するブログ

MENU

今日はドキドキの両親との食事会

絶賛恋愛中のAkkoです。昨日は職場の後輩の結婚祝いで飲み!

若干まだフワフワしてますw

しかし、今日は付き合っている彼と両親と4人で食事会なんですよ〜

フワフワしている場合ではないんです!今日は!

 

横浜のちょっといいレストランに行ってきます。

(私は出身が横浜で実家も向こうなので)

 それよりも何よりも、8月に彼の実家にお邪魔しましてめちゃくちゃ緊張していたので、「自分の両親の時は余裕でしょ」って思ってましたが、やっぱりちょっと緊張。

 

30年生きていて、両親と自分の彼氏とご飯が食べるなんて日が来るとは思いませんでした…

 

私は恋愛の話は両親には一切しません。

さすがに結婚を意識している人は付き合っていることは言いますが、なんやかんや言われたくもないし、結婚を急かされるのも嫌でした。

 

うちの両親は少し世代が上なので、やっぱり考え方とかが昔だなぁと思うこともたくさんあります。

 

結婚したら仕事はやめるの?とか、今は仕事をする人がほとんどだし、旦那さんになってくれた人に収入の負担を追わせたくない、というのが私の考え方です。

なんせ特定の彼氏がいなかった期間が長かったので、良い男性に出会えなくてもうきっと一生一人だなぁ…って思っていた時に考えたんです。

 

結婚した友達が軽く「仕事はもう辞めようかなぁ…」という相談を受けるたびに、「独り身だったら絶対に仕事をやめようなんて言えないのに…誰かが支えてくれるっていいよね…」って。

 

一人で働いて生計を立てていれば、もし自分が病気になって3ヶ月会社休みますってなった時に、そんな気軽に休めないです。

 

家賃どうしよう…

着替えって誰が持ってきてくれるの…

仕事に復帰できなかったらどうやって生きてくの…

 

そんなこんなで、独り身の時に不安を感じることが多かったので、結婚しても何かしら自分で収入を生み出したいと思ってます。

 

ただ、それが両親に伝わらない。

 

あと「〜しなさい」って言われるのが好きじゃないのに、実家にいた時は母親に「〜しなさいよ」ってしきりに言われて、私は実家にいるのが嫌だなぁ…って思ってました。

 

愛情あってこそ、なんですよね。

愛情あってこその…なんだけど、わかるけどなんか胸がザワザワするんだなぁって思っちゃうんですよ。

 

でも今まで以上に感謝する時がくるんですよね。

私が親と同じことをするようになった時とか、そういう時に「有難い」という気持ちになるんですよね。

 

なので、今回の食事会も少し面倒だなぁと思ったこともありましたが、楽んで来たいと思います!

 

彼の中国赴任が迫っているので、私も中国へ行って一緒に生活できる日がくるといいなぁとは思いますが、中国でもちゃんと日本で仕事ができる(日本にいなくても、日本の仕事をちゃんとできる)環境、スキルをちゃんと身につけていかなければいけないと思います。

 

きっと今日は自分の中でも覚悟を決める年になるのかなぁ…なんて勝手に思ってます。

 

…まぁ、ただの食事会なんですけれども、ねw