読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレ起業でビジネス女子*華の命は短い*

個人起業を目指すOLの本業をやりつつ、キャッシュポイントを増やすための学びを共有するブログ

MENU

待ち合わせ前15分で、マーケティングの知識を使って企画を考えてみる

ビジネススクールマーケティング講座を取得した知識を思い出して、指のムダ毛対策をマーケティングしてみました!

待ち合わせ前15分って何してますか??

私の場合、仕事が19時に終わるのですが20時に都内待ち合わせだと大体15分くらい前に待ち合わせ場所につくことができます。

そんな時は大抵会社のトイレで化粧直しを長めにするか、駅ビルの雑貨店をプラプラするかのどちらかで時間を潰してます。

その時に、こんな時間潰しのサービスあったらいいのに…と考えていました。

あくまで女性の私目線なので、男性には「??」と思うこともあるかもw

 

目次

指のムダ毛処理サービス

皆様、指のムダ毛って毎日処理していますか?

私は全体的にウブ毛が薄くて、まばらなのでついつい怠りがちなのが指のムダ毛処理。(男性の皆さん、すみませんねw)

普段あまり意識していないので、待ち合わせ場所に向かう電車の中とかにふっと見て気がつくことが多いです。

後の祭り。

 

なので、駅でちょちょっと5〜10分で処理してくれるサービスがあるとすごく嬉しいなぁと思いました。

 

私は、腕や足も毎日剃らなくても「ふぁさ〜〜」って感じが見えないので、ついついケアが面倒で冬は特に放置!ってことが多いんです。

でも、たまに、「あら?指の毛穴大きくなった?」と思い、よく見るとウブ毛がかなり長くなっているということが…さすがに焦る。

それも出かけた後にふっと見て気がつくことが多く、帰るまでどうしようもない状況に陥るシチュエーションが多いです。

 

私の場合、今は男の飲み友達と食事に行くくらいなのでそんな時もスルーですが(どうせ暗くて見えないし)、20代で合コンやら婚活を山ほどやっていた時は毛抜きを常備していました!

でもさ、待ち合わせ場所に立っていて、たとえ指のムダ毛を見たとしてどこで抜くの?!って思いません?w

駅の待ち合わせ場所で指のムダ毛抜いているところを、万が一デート相手にでも見られたら…と思うと血の気が引きます(笑)

 

そんな時もハンドケアな一貫としてさささっと指のムダ毛を処理してくれて、あまり香りのきつくないハンドクリームなんか塗ってくれて(食事の前もあるからね)、1〜2分ハンドマッサージをしてくれるサービスってどうですか?

 

ターゲットの設定

ターゲットは、デート前や飲み会前の女性たち。ただし、これだけだと繁忙の時間が夜だけになってしまいますね。

待ち合わせが増える18〜20 時くらいがボリュームゾーンですが、その他の時間からの売上も見込みたいですねぇ。

ということは、時間でターゲットを変えるのが良さそう。

昼間の12時〜13時は、昼休みの時間なのでオフィス街に出店すれば、ランチ帰りで夜にデートの予定がある人も狙えるかも。

 

ターゲットを絞っていくと、どちらにも共通しているニーズが見えてきます。

  • がっつりとしたサービスは受ける時間はない
  • 待ち合わせ前、会社の昼休みにできる
  • 自分ではケアしきれなかったところをカバーして、「完璧な女性」「魅力的な女性」だと思われたい。

こんなところかな?

サービスメニューを決める

まずは手段の検討

メニューはもちろん「指のムダ毛の処理」。ただしこの方法に注意が必要です。

 

まず世の中で肌から毛を取り除く方法は2種類。脱毛と除毛です。

脱毛は施術後すぐに毛がなくなるということはありません。お客様はすぐに「指の毛がなくなる」ということを望んでいます。

 

次に思いつくのはカミソリを使用した除毛です。

しかし、カミソリを使うシェービングは理容師免許や医療免許を持っていない人は施述ができません。>>(参考サイト)エステサロンの女性向けシェービングは違法?

 

これを無視してエステサロンを経営したりすると、違法になっちゃうのです。

以前に、「ボディジュエラー」という専用の糊とグリッターを使って、肌に絵を描く資格を取得した時にも教えてもらいました!

 

素人で「毛を剃る」という単独メニューでの提供は、結構難しそうなので、美容師や理容師免許を持っている美容院での追加メニューとしてするのが良いかもしれないです。

 

でも、お客さんの立場である私で考えると、美容院にいって10分のメニューって受けにくいんですよねぇ…なんかお店の人に悪い気がする。

 

シェービングが資格問題で施述できないんだったら、カミソリや電気シェーバーで自分で剃ってもらうっていう方法もありますね!

 

カミソリは使い慣れていないと肌を切ってお客さまが「流血」なんていうリスクもあります。また毛と一緒に角質も削がれてしまうので、カミソリのケアが大変そう…

ということは、ホテルにあるような「使い捨てシェーバー」を利用するか、電動シェーバーを用意して剃ってもらうかですね。

商品、サービス内容を検討

自分で剃ってもらうなんてサービス、お客さんからしたらなんでわざわざお金を払って、自分で人の前で毛を剃らなきゃいけないわけ?ってなりそう(笑)。

なので、もう少し値段に見合うような、付加価値が必要かな。

 

ハンドクリームを塗るだけなら自分でもできるし、それにお金を払おうとは思わない。

うーん…これはなかなかすぐには思いつかなそうですね…

超高級クリームを使って、 塗るだけですぐに手が10歳若返るとか?

「手」って結構意識がそこまで行かない部位だと思うので、そんなにお金を払ってやってもらいたいことって「ネイル」くらいですよね。

 

撫でるだけで指が細くなるマッサージとか?

好きな指に一本だけ、インスタントマニキュアをはってオシャレに見せるとか?

 

前提に「指や手を綺麗に見せたい人」に追加すれば、指輪の即行クリーニングなんてどうでしょう?

指や手を綺麗に見せたい女性は、指輪をしていることが多くないですか?(私も指は細いけど長く見せたいというコンプレックスを解消するために指輪を必ずしています)

 

そう考えると、エステ開業や美容院ではなくて、アクセサリーショップで指輪の即行クリーニングサービスを500円で提供して、高級ハンドクリームと電動シェーバーを貸し出すブースとかいいかも知れませんねぇ。

 

500円の価値は、他のブランドでもクリーニングを承るというところです。

アクセサリーショップでのクリーニングは、基本的に自ブランドしかやってもらえません。

ティファニーで購入したリングは、カルティエではクリーニングにお願いしずらいし、たとえ店員さんが「いいですよ♪」と素敵な笑顔で答えてくれたとしても、なんか気まずいもんです。

お店とお客さま、両方のメリットが出る方法考える

エステサロンで指輪のクリーニングなんて、大切な指輪を預けて傷がついたりするのが心配ですが、アクセサリーの専門家がクリーニングしてくれるなら安心感がありそうです。

販売員は日頃から商品を触っているから、素人が知らないお手入れ方法やなども知っています。そんな「隠れた知識」を活かせる場にもなりそう♪

 

問題は指のムダ毛の処理ですが、これは売り場に死角などを作って見えないようなブースでやってもらうしかないですね…

アクセサリーショップはショーケースがあって、死角ができずらい、坪数が少ないなどの課題があるので、そこをどうやって解消するかでしょうか。

 

 

いろいろ考えていたら、まさかの指のムダ毛処理から指輪のクリーニングまで発展しました。

最初の想定は、エステサロンをどこかへ出店する想定でしたが、業態が違うサービスとの抱き合わせで課題を解決したというところでしょうか。

 

ビジネスって難しいですね。

こうして考えていくと、世の中の売れてるサービスって本当に商品設計がきちんとされているということが実感できて、勉強になりました!

 

では、よい1日を♪