華の命は短い*女の自分を幸せにするコツ*

ひとりでも、稼げて幸せになるを研究するブログ

MENU

【香港】エビワンタン麺@深仔記(2017.6)

香港のお昼はローカルフードにしました。

いろいろな料理がありますが、香港は普通に良いお店に入ると結構物価が高いです。

 

なので、お安く食事をすませたい!という場合は、ローカルレストランがオススメなのですが、何せどこが美味しいのかわからない!っていうのが、結構悩みです。

 

私は八角など中国独自の香辛料はさほど苦手ではないのですが、嫌いな方には死活問題だと思いますので、日本からの旅行ガイドなどを買っていった方がよいかもしれません。

 

今回は、甜麺醤で少し甘めソースと一緒に食べる汁なしエビワンタン麺を油麻地の「深仔記」というところで食べてきました!

 

深仔記のメニュー

香港のメニューは基本的に広東語。

わからん!!(笑)ってガイドブック広げて見てたら英語メニューを持ってきてくれました

 

基本的に香港は英語メニューあるから、安心です。

とはいえ、せっかくなんで一応わかるようにもなりたいなぁとメニューはとってきました。

 

ちなみに左の「湯麺類」がスープあり、真ん中(読めない)が汁なし、小食はおつまみや1品料理です。

f:id:wineandworkahol:20170702155928j:plain

 

甘めソースの汁なし麺が約600円で、お腹はいっぱい

私が頼んだのは、「鮮蝦雲呑麺」HK$37(1HKD=16JPYで600円しないくらいです)

 

f:id:wineandworkahol:20170702155156j:plain

家帰ってきて気がついたけど、なぜ雲呑にピントを合わせなかったのか…

 

彼はちなみに「南乳猪手」、豚足を食べてました。

1つもらったけどかなり美味しかったです!

 

スープも付いてます。

これがエビの頭のだしが非常に効いている上に、少し薄味なのがまた良くて、麺の甘めの甜麺醤ソースを食べた後のこのスープが良い感じでした!

f:id:wineandworkahol:20170702160701j:plain

 

青菜。多分菜の花です。

f:id:wineandworkahol:20170702160849j:plain

菜の花越しに見えているのが彼が頼んだ豚足です(笑)

 

参考(現地サイト)

深仔記 – 香港油麻地的港式粉麵/米線 | OpenRice 香港開飯喇

読み方は、Sham Tsai Kee。

路地裏にあり、かなり入り口が狭いので隣のお店と間違えないようにお気をつけください。