読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレ起業でビジネス女子*華の命は短い*

個人起業を目指すOLの本業をやりつつ、キャッシュポイントを増やすための学びを共有するブログ

MENU

会議を1時間やるなんて、生産性が低い極みです

会議の時間は30分から15分でなんとかなると思うAKiMuraです。

 

よく1時間とか2時間とか会議時間を設定する人がいますが、1時間や2時間掛けてやらなければいけない会議というのは、アイディア出しやブレストのような0から1を作り出すような内容だと思います。

 

逆に情報共有、スケジュールや内容確認、相談というのは、会議時間は30分〜15分でできるように作らなければいけないと思っています。

 

実際に、仕事の打ち合わせは私の場合30分刻みです。

1時間の会議が設定されている場合は、即相手に電話して「目的」とこの会議で決めるべきことや事前に確認しておくべきことを絶対に確認します

 

だって、その時に目的を聞いて相談をされたりしてもだいたいの場合持ち帰らなければいけない、検討しなければいけないからその場で答えを出せることって少ないのです。

だから、事前に何を確認していけばいいのか、誰に確認すればいいのか…などが分かっていれば、目的に合った資料を作ったり、話を用意できる。

 

事前に用意されていればそれだけ仕事の進みは早くなります。

 

通常の流れは、

会議を設定→会議当日に目的や情報共有、相談を受ける→持ち帰る→後日回答

 

あらかじめ目的や内容を聞いておければ

会議を設定→会議前までに調査や検討→会議当日詳細を聞いて、準備したものを回答

 

この流れで会議をできれば、当日中に回答も終わるので、仕事が残ることも少ない!私はこの方法の仕事の仕方に変えてから、ほとんど会議当日で任務が終わることがほとんどになりました!

 

後でやらなければいけない仕事は減るから、本来の仕事や時間がかかる仕事に労力を割くことができます。

 

だから、

・残業がほとんどない

・締め切りの2日前に報告資料が仕上がっている

・時間がない人に確認する時間も15分で終わる

 

会議時間が半分になれば、できる仕事は2倍になります!!

 

残業や締め切りがいつも守れない、期日ギリギリになってしまうという方は是非参考にされてみてください♪

 

会議は30分でも事前準備ができていれば、必ず目的は達成できますよ♪

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます♪

 

最小限の労力で、最大限のパフォーマンスを。

AKiMura