読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレ起業でビジネス女子*華の命は短い*

個人起業を目指すOLの本業をやりつつ、キャッシュポイントを増やすための学びを共有するブログ

MENU

本気で恋愛をしたら、毎月お花をもらえる幸せを発見した

お花の定期便を頼んでいるわけではありません w

f:id:wineandworkahol:20160906161257j:image

 

このお花たちは、私が今の彼とおつきあいして、1ヶ月ごとに彼が私にプレゼントしてくれるお花です。

いつも私をイメージして作ってもらっているらしく、明らかに暖色系がものすごい多いお花たち。

私ってそんなに明るいイメージがあるのかなぁ、嬉しいなぁ★と思って聞いてみたら、どうやら最初にデートした時に黄色いカーディガンを羽織っていたらしい…

私って彼の中の太陽ね!」って密かに思っていた思っていた自分が恥ずかしいじゃないの。

 

昔は記念日なんて定義だけだし、気持ちがあればお祝いなんていいじゃんって思っていたのですが、最近こういうプレゼントなり記念日なりで自分のことを考えてくれているというのが、嬉しいということに気がつきました。

(遅い…)

毎月頂けるのはわかっているのですが、どんなお花かなぁ★とか、コソコソ私の所まで持ってきて渡してくれるところとかが、彼と付き合って本当に幸せだなぁ…って思うところです。

(…のろけです。すみません笑)

 

時々こういうお話をすると、

「そんな素敵なことをうちの彼氏はしてくれない!!」と嘆かれる方がいらっしゃいますが、私はそんなことないと思う。

付き合っていたり、結婚相手がいつ何をしてくれるか、ということはみんな違うけど何かしらあなたのことを思ってやってくれていることがあるはずだよ★と答えてます。

 

毎月お花をくれなくても、毎日お風呂掃除やトイレ掃除をしてくれればいいじゃないですか。

(うちの彼は私の家へ来ますが、やってくれるのは居間のコロコロ掛けのみ)

酔っ払った時に迎えに来てくれたり。

彼を紹介したくて飲み会に呼んだら嫌な顔をせず来てくれたり。

 

目に見えて何かをもらえることはとても素敵なことですし、

「君のことをちゃんと考えているよ」って行動や言葉で表すことも、人によっては簡単にできることじゃないです。

 

だけど、黙々と考えて何かをやってくれるのだって記念日にお花をくれるのと同じくらい、あなたや家族のことを想って考えているってことだと思います。

 

今回は、彼とどんな風に今後なろうとしてもそんな素直な気持ちを忘れないための自分への備忘録的に書いておこうと思います!

そんな自分への記事におつきあい、ありがとうございました笑