読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレ起業でビジネス女子*華の命は短い*

個人起業を目指すOLの本業をやりつつ、キャッシュポイントを増やすための学びを共有するブログ

MENU

彼が海外赴任で遠距離恋愛になったら、気持ちを維持するためにやること

去年の10月から彼が中国へ赴任しています。色々な不安がありつつ6ヶ月が過ぎました。

 

でも正直言って、寂しい。本当なら会社を休んで一緒にいたいと思うこともあります。

 

しかし、結婚もしていないのに、押しかけるわけにもいかないし、向こうが結婚して一緒にくらそうと、言ってくれるまでどうしようもできないというのが現状です。

 

6ヶ月間遠距離恋愛をしてきて、これは絶対これからも必要だと思うことをまとめました。これをやっているから、お互いの気持ちが離れるのを少しでも回避することができているのではないかと思っています。

f:id:wineandworkahol:20170316143434j:image

目次

 

毎日連絡を取り合う

当たり前のことだけれど、毎日連絡を取り合っています。

なるべく毎日、「おはよう」や「おつかれさま」のメッセージのやりとりをしています。

仕事が忙しくなったり飲み会でやりとりができないこともありますが、必ず1日以上空けません。

時差が1時間で、日本の方が遅いので夜が苦手な私はだいたい寝落ちですがw

 

お互いの状況が見えないことが不安になったり、あらぬ疑いを生んだりすると思っているので、メールの中にはいちいち近況報告を入れます。

 

仕事がつらいとか愚痴を聞いてもらうこともありますし、何かに迷っていたり、友だちと会ったりするときも必ずメールの中に書きます。

特に、お酒を飲むのが好きな上に、男性の友だちが非常に多く二人きりでお酒を飲みに行くことも多いのでそこはかなり気をつけてます。

 

あとは、むこうが一時帰国した時に一緒に飲む飲み友だちは大抵紹介しあってきました。

紹介していない男性とは、よっぽど仲が良くない限りは2人きりで飲みに行くことはしません。お互いにお互いのことが良くわからないからこそ、疑いを持たれるような行動はしないように注意しています。

感情や思ったことは隠さない

例えば相手が連続して飲みに行ってあまり連絡が取れない時は、正直に「連絡が少なくて寂しい」というようにしています。

好きな時や会いたい時も、ちゃんと言いますし、向こうもちゃんと思っていることを言ってきてくれるので安心することができます。

 

20代の時は「私が好きで付き合っているんだから、わざわざ好きって言わなくてもいいじゃん」って思っていましたが、最近になってきちんと感情を口にすることって大事だと思ってます。

 

お互いに何を考えているのかわからない状況が不安を作り出すのは目に見えているので、できるだけ不透明な状態を作らないのがコツかなとも思います。

 

酔っ払った帰りなどは、彼に八つ当たりして「寂しい」「会いたい」「待ってるばっかり」と感情をあらわにすることもあります(やっかいwww)

 

面倒かもしれませんが、やはりどう思っているかをきちんと伝えないとお互いにすれ違うばかりですし、日頃から会って直接話せないので、ここは重要かなぁと思います。

 

海外赴任で音信不通になってしまう人も多いみたいですね。

まぁ、日本でも彼や彼女と音信不通になってしまうこともあると思うので、特に海外赴任中だからとか、遠距離恋愛だからとかってことは関係ない気もしますが…

 

1つ言えるのは、お互いに連絡をとり合わなくなってしまうとそれが習慣化してしまうということです。

習慣化は結構怖いもので、やらないことが当たり前になってしまうとそれが普通になっちゃうんですよね。

ダイエットをしていたけど、1度やめたらそれが普通になってしまいリバウンドしてしまった何てことは良く聞く話。

 

逆に連絡を必ず取り合うことが習慣になってしまえば、苦にならずに毎日のこととして少しでも彼や彼女と時間を共有することができます。

海外での遠距離は時差の問題もあるので難しいこともありますが、寝る時におやすみ、起きた時におはようの一言でもいいので、毎日連絡を取り合うことが必要だと思います。

 

遠距離恋愛は会いたくなった時に好きな人に会えないというのが非常に辛いですが、会えなくて寂しいという気持ちはお互いに同じなので、そこをうまく共有しつつ、一緒に乗り越えたいと思います!

 

もしこの記事を読んでくださっているあなたが同じ境遇にあるなら、彼とも私とも一緒に頑張りましょうね♪

今日も良い1日を♪

 

今はこんなポジティブなことを言っていますが、彼の海外赴任が決まって、迷いまくった時もありました!

現に昨日も酔っ払って、彼に寂しい、会いたいと八つ当たりしてましたw

wineandworkahol.hatenablog.com

 

ぜひ彼や彼女の海外赴任が決まって不安になっているようでしたら、ぜひどうぞ(笑) 

ちなみにうちの彼は天然なのか、うっかりしているのか中国へ旅立った当日、日本で使っているスマホを無くし、数日間音信不通という事態に陥りましたwww

 

wineandworkahol.hatenablog.com

 

待ち合わせ前15分で、マーケティングの知識を使って企画を考えてみる

ビジネススクールマーケティング講座を取得した知識を思い出して、指のムダ毛対策をマーケティングしてみました!

待ち合わせ前15分って何してますか??

私の場合、仕事が19時に終わるのですが20時に都内待ち合わせだと大体15分くらい前に待ち合わせ場所につくことができます。

そんな時は大抵会社のトイレで化粧直しを長めにするか、駅ビルの雑貨店をプラプラするかのどちらかで時間を潰してます。

その時に、こんな時間潰しのサービスあったらいいのに…と考えていました。

あくまで女性の私目線なので、男性には「??」と思うこともあるかもw

 

目次

指のムダ毛処理サービス

皆様、指のムダ毛って毎日処理していますか?

私は全体的にウブ毛が薄くて、まばらなのでついつい怠りがちなのが指のムダ毛処理。(男性の皆さん、すみませんねw)

普段あまり意識していないので、待ち合わせ場所に向かう電車の中とかにふっと見て気がつくことが多いです。

後の祭り。

 

なので、駅でちょちょっと5〜10分で処理してくれるサービスがあるとすごく嬉しいなぁと思いました。

 

私は、腕や足も毎日剃らなくても「ふぁさ〜〜」って感じが見えないので、ついついケアが面倒で冬は特に放置!ってことが多いんです。

でも、たまに、「あら?指の毛穴大きくなった?」と思い、よく見るとウブ毛がかなり長くなっているということが…さすがに焦る。

それも出かけた後にふっと見て気がつくことが多く、帰るまでどうしようもない状況に陥るシチュエーションが多いです。

 

私の場合、今は男の飲み友達と食事に行くくらいなのでそんな時もスルーですが(どうせ暗くて見えないし)、20代で合コンやら婚活を山ほどやっていた時は毛抜きを常備していました!

でもさ、待ち合わせ場所に立っていて、たとえ指のムダ毛を見たとしてどこで抜くの?!って思いません?w

駅の待ち合わせ場所で指のムダ毛抜いているところを、万が一デート相手にでも見られたら…と思うと血の気が引きます(笑)

 

そんな時もハンドケアな一貫としてさささっと指のムダ毛を処理してくれて、あまり香りのきつくないハンドクリームなんか塗ってくれて(食事の前もあるからね)、1〜2分ハンドマッサージをしてくれるサービスってどうですか?

 

ターゲットの設定

ターゲットは、デート前や飲み会前の女性たち。ただし、これだけだと繁忙の時間が夜だけになってしまいますね。

待ち合わせが増える18〜20 時くらいがボリュームゾーンですが、その他の時間からの売上も見込みたいですねぇ。

ということは、時間でターゲットを変えるのが良さそう。

昼間の12時〜13時は、昼休みの時間なのでオフィス街に出店すれば、ランチ帰りで夜にデートの予定がある人も狙えるかも。

 

ターゲットを絞っていくと、どちらにも共通しているニーズが見えてきます。

  • がっつりとしたサービスは受ける時間はない
  • 待ち合わせ前、会社の昼休みにできる
  • 自分ではケアしきれなかったところをカバーして、「完璧な女性」「魅力的な女性」だと思われたい。

こんなところかな?

サービスメニューを決める

まずは手段の検討

メニューはもちろん「指のムダ毛の処理」。ただしこの方法に注意が必要です。

 

まず世の中で肌から毛を取り除く方法は2種類。脱毛と除毛です。

脱毛は施術後すぐに毛がなくなるということはありません。お客様はすぐに「指の毛がなくなる」ということを望んでいます。

 

次に思いつくのはカミソリを使用した除毛です。

しかし、カミソリを使うシェービングは理容師免許や医療免許を持っていない人は施述ができません。>>(参考サイト)エステサロンの女性向けシェービングは違法?

 

これを無視してエステサロンを経営したりすると、違法になっちゃうのです。

以前に、「ボディジュエラー」という専用の糊とグリッターを使って、肌に絵を描く資格を取得した時にも教えてもらいました!

 

素人で「毛を剃る」という単独メニューでの提供は、結構難しそうなので、美容師や理容師免許を持っている美容院での追加メニューとしてするのが良いかもしれないです。

 

でも、お客さんの立場である私で考えると、美容院にいって10分のメニューって受けにくいんですよねぇ…なんかお店の人に悪い気がする。

 

シェービングが資格問題で施述できないんだったら、カミソリや電気シェーバーで自分で剃ってもらうっていう方法もありますね!

 

カミソリは使い慣れていないと肌を切ってお客さまが「流血」なんていうリスクもあります。また毛と一緒に角質も削がれてしまうので、カミソリのケアが大変そう…

ということは、ホテルにあるような「使い捨てシェーバー」を利用するか、電動シェーバーを用意して剃ってもらうかですね。

商品、サービス内容を検討

自分で剃ってもらうなんてサービス、お客さんからしたらなんでわざわざお金を払って、自分で人の前で毛を剃らなきゃいけないわけ?ってなりそう(笑)。

なので、もう少し値段に見合うような、付加価値が必要かな。

 

ハンドクリームを塗るだけなら自分でもできるし、それにお金を払おうとは思わない。

うーん…これはなかなかすぐには思いつかなそうですね…

超高級クリームを使って、 塗るだけですぐに手が10歳若返るとか?

「手」って結構意識がそこまで行かない部位だと思うので、そんなにお金を払ってやってもらいたいことって「ネイル」くらいですよね。

 

撫でるだけで指が細くなるマッサージとか?

好きな指に一本だけ、インスタントマニキュアをはってオシャレに見せるとか?

 

前提に「指や手を綺麗に見せたい人」に追加すれば、指輪の即行クリーニングなんてどうでしょう?

指や手を綺麗に見せたい女性は、指輪をしていることが多くないですか?(私も指は細いけど長く見せたいというコンプレックスを解消するために指輪を必ずしています)

 

そう考えると、エステ開業や美容院ではなくて、アクセサリーショップで指輪の即行クリーニングサービスを500円で提供して、高級ハンドクリームと電動シェーバーを貸し出すブースとかいいかも知れませんねぇ。

 

500円の価値は、他のブランドでもクリーニングを承るというところです。

アクセサリーショップでのクリーニングは、基本的に自ブランドしかやってもらえません。

ティファニーで購入したリングは、カルティエではクリーニングにお願いしずらいし、たとえ店員さんが「いいですよ♪」と素敵な笑顔で答えてくれたとしても、なんか気まずいもんです。

お店とお客さま、両方のメリットが出る方法考える

エステサロンで指輪のクリーニングなんて、大切な指輪を預けて傷がついたりするのが心配ですが、アクセサリーの専門家がクリーニングしてくれるなら安心感がありそうです。

販売員は日頃から商品を触っているから、素人が知らないお手入れ方法やなども知っています。そんな「隠れた知識」を活かせる場にもなりそう♪

 

問題は指のムダ毛の処理ですが、これは売り場に死角などを作って見えないようなブースでやってもらうしかないですね…

アクセサリーショップはショーケースがあって、死角ができずらい、坪数が少ないなどの課題があるので、そこをどうやって解消するかでしょうか。

 

 

いろいろ考えていたら、まさかの指のムダ毛処理から指輪のクリーニングまで発展しました。

最初の想定は、エステサロンをどこかへ出店する想定でしたが、業態が違うサービスとの抱き合わせで課題を解決したというところでしょうか。

 

ビジネスって難しいですね。

こうして考えていくと、世の中の売れてるサービスって本当に商品設計がきちんとされているということが実感できて、勉強になりました!

 

では、よい1日を♪

過去のブログ記事を読み返すことが、上手く書くコツ

過去に書いたブログの記事って、修正したりしますか?

以前はすでに書いて公開した記事は、「もう誰もみないもの」の感覚だったので、修正などは一切していませんでした。

最近は、ブログ記事=コンテンツ=自分の資産、価値という考え方が広まってきて、検索からの流入がある記事は定期的にメンテナンスをしています。

 

すでに公開している記事を読み返すことで、ブログを書く時の文章の「クセ」がわかります。

最近非常に勉強になると実感することが多いので、ここで過去記事を修正する時にやっていることを紹介します〜〜

 

f:id:wineandworkahol:20170312225353j:image

目次

 

検索している人が知りたい情報があるかという視点を持つ

うちのブログの検索からの流入が飛び抜けて多い、こちらの記事を例にとって書いていきたいと思います!

>>>最近流行りの起業女子について考えてみた 

 

この記事は「起業 女子」と検索されると、検索1ページ目の5番目くらいに出てくる記事。

 

Googleのキーワードプランナーでは、月間10〜100pvのボリュームだから一般的には、たかが知れた数字かもしれません。

だけど、私にとってはせっかく見にきてくださっている大切な読者さん!!

もう、熱くるしいくらい、「いらっしゃいませ〜!!!」でお出迎えしたい気持ち笑

来てくださった人のなんか知りたいことがわかったくらいの質にはしたいと試行錯誤中です。

 

起業女子は、一般的な言葉ではない、○○女子、○○男子をもじってるもの。

だから、どこかで「起業女子」のワードを見て、「起業女子って何?」と思って検索されているのではないかと推測します。

 

「起業女子」ってどんな女子?どんな人?それ何?に答えられればいいと思っているので、実際に自分がアメブロで見てきたSNS起業をしている女性たちのことを書いてます。

 

あれ、これなどの指示語が意図する言葉を示しているかをチェック

私はあまり結末を考え出す前に記事を書くスタイル(本当はよくない)です。

思いついたことを早く言葉にしないと、忘れてしまうから(笑)。

 

そのために「指示語」がやたら多い時があります。読み返していると、「それってどこのこと言っているの?!」と自分に突っ込みたくなります。

こういう読んでいる人の「ファーストインプレッション」を自分で感じた時は、即記事は修正しています。

 

指示語って便利なのですが、やたらめったら使うと国語のテストみたいに、何を指しているのかいちいち考えなくてはいけなくなるので、注意が必要。

 

適切に使わないと、文章力が弱い印象になりますし、自分の言いたいこともイマイチ伝わらないような流れになることが多いです。

 

文章が唐突な流れになっていないかをチェック

ブログのネタを思いついて、勢いに任せて記事を書くことが非常に多いので一度考えた流れを文章で再現することが苦手です。(多分私だけの問題ww)

 

私の場合、一度自分の中では結論まで達しているので、結論に至ったまでの考えたプロセスが、すっ飛んでしまっていることが多いです。

 

「AはB、BはC、だからA=C」という流れが一番伝わりやすいと思うのですが、「A=CだってBがあるから!」という文章を書いている時が多々あります。

 

「B=C」は自分の中では当たり前すぎて、忘れてしまっているパターン。

それを人から見ると、いきなり出てきたBがどうA=Cに繋がるのか意味不明、ということが起こるので、ここは重点的に確認はしています。

 

仕事でも多々起こるのですが、この中間のB=Cの部分を説明されないまま違うことを思い浮かべて電話などで話していると、後で問題になることもありませんか?

 

お互いの理解が全然違う上に話しが行き違った!ということに何回も直面して、涙を飲んできた仕事での経験も関係しているかもしれませんw

 

こういった自分の文章を書く際の癖を、記事をリライトすることで、自分で気がつくことができるのはとても効果が高いなぁと思います!

 

新規で文章を書く時も気をつけるようになりますし、やはり1回目の書いたタイミングできちんとした文章を読んでもらえることもできるので、確度も高い記事が書けるようになると思います。

 

とかいいつつ、自分はまだまだ思いついたことを書いて公開して、後からリライトかけるという少し効率が悪いやり方でブログ記事を作ってますw

だって、書いたらすぐに世に送り出したくなっちゃうんですもんwww

 

どなたかきちんと結論までブログを書ける良いコツがあったら教えてくださいww

 

それでは♪

 

wineandworkahol.hatenablog.com

 

日本中の一人一人が、それぞれに迎えたあの日を教訓に

日本人である私たちはたくさんの地震の日の記憶を持っています。

それぞれの記憶の中に、一人一人の感情や思いもあると思います。

 

私は6年前の日は、ちょうど休日で父親の会社の近くの美容院にいました。

なんとなく、不穏な空気を感じてパンと水を買い、帰れなくなるのが怖くて父親の会社へ行きました。

 

幸運にも父は車で通勤していたので、2時間くらいかけて一緒に帰ってくることができました。

 

停電の中、家の中に入ると懐中電灯を持って母がろうそくの光の中待っていてくれました。

 

いつもと違うけれど、いつも同じ実家。いつも同じ家族。

 

大変な境遇の中にいても、家族がいれば一緒に乗り越えられると思いました。

 

私は幸運にもこの地震ではだれも失うことはなかったです。

 

だけど、たくさんの人が大切な人をたくさん失った。

 

今回は大丈夫だった。じゃぁ次回も大丈夫?

そんなことは言えない。人生に「確実に大丈夫」なんてことはない。

 

それでも後悔をしないように今を生きることはできると思う。

後悔しないように、大切な人とはできるだけ一緒にいる時間をつくる。

一緒にいる間にたくさんのことを一緒に経験する。

 

いつ起こるかわからない「まさか」があることを、記憶は私たちに思い出させてくれる。

 

自分を幸せにしてあげることで、誰かを幸せにできる。

検索1ページ目に記事が載ったから、SEO対策がなぜ必要か今更考える

ブログ100記事を超えて、アクセスアップに乗り出してみようという気になってきました(遅)!この間このブログで、 月1000pv行った♪って報告してさらに検索かけたら月5万pvって書いている人がいて凹みつつありますw

 

wineandworkahol.hatenablog.com

 

ということで、今まで「なんかよく分からない」という理由で避けてきたSEO対策を色々なブログを調べつつ、トライしたいと思います!

 

が、その前にSEOってなんじゃ?というのと、なぜにSEO対策をやるべきかについて、自分を納得させる意味でも考えます。

 

f:id:wineandworkahol:20170310080236j:image

 

SEOってそもそも何?

SEOの意味

本業はWEBディレクターのワタクシ。ということで、SEOの何たるかは知っているつもり!

SEOって何?って簡単にいうと、いかに自分のサイトを検索エンジンの検索結果に表示してもらうか、ということだと思っています。

私の場合、自社のECサイト構築のWEBディレクターですが、アプリケーション開発側なのでフロントでの対策はあまりやりません。

そして、自社サイトは知名度が高いため1日で10万pvとかが普通。そのため業務ではあまり突き詰めたものがなくて、その辺詳しくないんです…

私の仕事は、どちらかというと、使ってもらう人(すでに検索から流入してきた人)に対して、どのくらい居心地が良いECサイトを作るかという観点の方が多いです。

なので、自分のブログのSEO対策があまりできていない…(泣)←ダメWEB開発者w

 

ブログにSEO対策が必要な意味

なんでそんなにSEOが叫ばれているのか…

私が大学でWEBシステムを学び始めた頃はあまりそういう考え方はありませんでした。

まだGoogleが日本で出始めだ時代…懐かしいですw

この10年間でSEO対策というのはGoogleなどのサーチエンジン検索エンジン)が、地位を確立してきてから叫ばれているもののような気がしてなりません。

10年前はまだホームページやブログなどのサービスの充実も少なかったし、個人でサイトやブログを持っている人は、少なかったんですね。

今は、時代が違う!

個人でサイトやブログを簡単に作れるようになり、スマホが普及してどこでもウェブコンテンツをインターネット上で見れることで、「自分もやってみよう♪」という人が本当に増えた。

10年前とは、ホームページやブログなどWEBページの数がものすごく増えているんですね。

 

そんな時代だからこそ、銀河にぽつんとうっすら輝くのが個人のブログの始まりな訳です。ブログを書いている私は、誰にも見つけてもらえない惑星で、たった一人で暮らしている生命体なんです。

そんな無名で、地球にも近くの星にも輝きを届けられない惑星に住む私…

自分の存在を他の星や地球に知ってもらえるためには、輝きが弱いからこそ「探査機」の存在が重要な鍵なのです!!

 

それがいわゆる、Google探査機やYahoo!探査機…そう検索サイト!!

地球人が窓に言葉を入れると、色々な惑星から色々な情報を送ってくれるめっちゃ便利な探査機。

この探査機に、お!この惑星いいなぁ…と思わせることができれば、何人もの人に自分のブログや自分を紹介してもらえる訳なんですよね。

 

検索サイトの気持ちになってみる

検索サイトって無料で利用できますよね。GoogleYahoo!百度もみんな無料です。1ワード調べるのに100円とか払ってないですよね?

 

もし払っている人がいたら、それは詐欺なのですぐに解約しましょうw

 

そのくらい検索するのってコストがかからない方法です。ということは、検索サイトを運営しているだけでは、会社はできない。

収益がないなら、会社は成り立ちませんから当たり前ですよね?

 

じゃぁ検索サイトを運営している会社って何で稼いでいるかというと、「広告費」です。検索結果の上位に出てくる「広告」「PR」というあれ。

特定のワードを検索した時に、上から3番目までに必ず出しますから、お金くださいねっていうビジネスモデルです。

 

ビジネスモデル的に、より多くの人に何度も使われている検索サイトにした方が、検索サイト運営会社は広告主に強くでれますよね。

これは、テレビのコマーシャルなども同じ戦略なんじゃないかと思います。視聴率40%の番組の広告出稿費は、多分何億にもなると思います。

そのくらい、広告主にとって効果が大きいんです。

 

検索サイトだって同じで、1日に10人にしか見られていないサイトと、20億人見るサイトだったらどっちが広告の効果が大きいですか?ということです。

 

一時期、まとめサイトが流行った時にGoogleよりもTwitterで検索した方が確度が高い情報が得られるという傾向になったことがありました。

まとめサイトは色々な情報を1ページのウェブサイトで見られるのがウケましたが、その結果これは本当なの?という情報まで出てきて、検索する方が訳が分からなくなったんだと思います。

 

検索する人は自分が知りたい情報がすぐに、早く分かるために検索サイトを使うのに、自分で情報の取捨選択を迫られてしまった。

 

じゃぁ、検索サイトじゃなくて皆が本音をつぶやいているTwitterでいいや…ってことになりかけたため、検索サイトはより本当の情報を、より有益な情報を検索結果の上位に出すように努力することが、「信頼感」を取り戻すために必要になったのだと思っています。

 

ということでSEO対策はやる意味があるってことで、これから頑張ろうという決意表明でしたw

 

本日も良い1日をお過ごしください♪

牛込神楽坂から神楽坂あたりでぷらぷらイタリアン昼飲み

神楽坂でちょっと優雅な昼下がりをしてきたAKiMuraです♪

中高の時の友だちと、神楽坂でぷらぷらして、ランチをしてきました!

二人ともワイン好きだから、昼から飲んでふんわり酔って色々話して、また飲んでをすべて神楽坂でするという、お洒落女子の気分です♪

 

もっちもちのパスタランチ オステリアレガーメ

今回行きましたのは、牛込神楽坂という神楽坂から歩いて10分ほどの場所にある駅です。電車は、都営大江戸線で都庁前から飯田橋駅行きへ乗り換えます。

f:id:wineandworkahol:20170307080306j:image

オステリア レガーメ神楽坂

牛込神楽坂駅A2出口からすぐ。

外見も可愛いのですが、イタリアの国旗が出ているのでお店はすぐにわかります。駅から出たら、大きい通りが目の前にあるので、そちらを左手に進みます。

 

ランチは14:30LOなのと、席数は少ないのですがランチは予約ができないので、時間は少し外した方が良いかもしれません。

私たちは13時過ぎに行きましたが、かろうじて2人席が空いて座れたって感じでした。

ただ、地元の人が来ている感じもあり多分神楽坂付近のお金持ちがランチに来るなんていうお店なのかも…?

写真にもあるように、ワインセラーが2つもあってワインにもこだわっている様子でした!

f:id:wineandworkahol:20170307080358j:image

ランチワインはグラス400円♪

友だちは出産後初のワインだったので、ふんわりする〜〜と言ってました。

ワインは癖もなく、多分ランチのメニューに合わせて選ばれているんだなぁという感じでした!お料理に合ってて、うっかりすると数杯いけそうな…

お酒が好きな方は、1900円で前菜盛り合わせだけのワインランチがあるようなので、昼から2〜3杯行きたい方はそちらもおすすめです。

 

こだわりが見える、パスタランチ1400円

f:id:wineandworkahol:20170307080327j:image

こだわりが見える24ヶ月もののプロシュートが乗った前菜

美味しかった…プロシュートは塊で食べてみたいけど塩分過多が相当きになりますw 

 

f:id:wineandworkahol:20170307080437j:image

豚バラとモッツァレラチーズのパスタ

このパスタがものすごい衝撃的な食感で、もう言い表せないくらいの美味しさでした!とにかくもちもち感が半端ない。噛んでいて、顎が外れるかと思うくらいしっかりとしているパスタです 。

味付けは少し濃いめなので、余計にワインが進むという素敵な1品

 

f:id:wineandworkahol:20170307080517j:image

デザートは…これ何?!ってくらい硬いんです。

こんなふわふわ感があるのに、フォークを入れて友だちと二人で「え???!」と叫ぶくらい、硬さがある

記事はアーモンドプードルらしく、アーモンドと上のベリー系のお味のクリームがマッチしていて、辛党の酒飲みな私も、かなり美味しくいただけました♪

 

なんだかんだ1日ゆっくり、楽しめる神楽坂

今回牛込神楽坂って初めて降りたのですが、住宅地なだけあるのと神楽坂からは離れているので、ものすごい静かなのにすごくいい場所でした!

区民センターとかあると落ち着きますよねw

神楽坂って憧れるし住んでみたいなぁとも思うのですが、まぁまぁ近くにあるのでこれからもちょくちょく散歩に行こうかなぁとおもってます♪

 

有名な神楽坂の所は、かなりお店が入れ替わったり、新しいお店がたくさんできていました!

ここはフランスか?!っていうパン屋さんとか、オープンテラスのカフェとか…あとはBOOKカフェがちらほらできていて、結構ゆったり楽しめるイメージです。

神楽坂ってあまり日曜に行ったことがないのですが、結構空いているので穴場ですね♪

飯田橋方面へ歩いて、東京大神宮へも行きましたが全然混んでませんでした。

 

これからお花見の季節なので、ちょいちょい混んで来るのかもしれません。

いまの時期はゆっくり疲れないでお出かけするにはちょうどいい場所ですね♪

新しい場所もできていて、神楽坂はやっぱりおしゃれな場所だなぁ…と憧れをもちつつ、帰ってきました♪

f:id:wineandworkahol:20170307080537j:plain

 

皆さまも、良い1日を♪

日本人が英会話が苦手な理由

突然、道端で英語で話しかけられたら、どうしますか?昔、「ノーノー!英語ダメ!」みたいに去っていく日本人をどこかで見たことがあります。

 

日本人は本当に英語に苦手意識がある人が多いです。

英語が話せないから、海外旅行に行かないという人がよくいます。

海外大好きな私としては、かなりもったいないなぁと思わずにはいられません。

 

↓飛行機見ると異常にテンションあがりますwww

f:id:wineandworkahol:20170301200638j:plain

海外に行くと、日本語をすごくうまくしゃべれる外国の方を見るたび、

「なんで日本人は外国語が苦手なの?!」と思ってしまいます。

 

私は英語が好きなので、話すことも苦ではありません。

旅行に行くたび「一緒に行く人が英語は苦手だから」と、レストランで注文したりします。その時に思うのは、 話せると言っても中学英語くらいしか話していないんだけど…とこそっと思ってますw

 

逆に中学生英語でも、英語が話せるようになると、旅行では一緒に行った人に感謝されますし、日本で道端で困っている外国の方を助けて「ありがとう!」と言ってもらえます♪

日本人は、ただ英語が苦手なのではなくて「発音」による「通じない」経験が、「自分は英語が苦手なんだ!」という自己暗示にかかっているのだけです。

なぜなら、友だちと海外に行ってずーっと英語を請け負うのは疲れるので、たまに黙っていると(性格悪いw)、彼らは普通に買い物をしたり、注文したりしてくるんですから!

 

日常会話のほとんどは、中学生で習う英単語

中学から高校、人によっては大学まで英語を勉強しているのに、英語が苦手という人は、結構います。

 

くしゃみでも出ちゃうわけ?ってくらい英語を話すことを毛嫌いする。

英語が話せるというと、異常に褒めてくれる日本人。ありがとうございます笑

 

旅行などで英語を話しているところ見ると、ペラペラと話せているように見えるみたいですが、実は、使っている単語がほとんどが中学3年生くらいまでの英単語しか使っていません。

褒めてくださった方々、すみませんw

 

英検2級、TOEIC770持ってますが、実際に旅行で使っているのは中学生英単語。

日本人は中学、高校、場合によっては大学でも英語を勉強しますよね?

日本人のほとんどは中学生までに習う英単語を知っている。

実際に使うのはほとんど中学生までに習う英語。

 

なんかおかしいと思いませんか、これ?!!!

(私だけ?w)

 

本の学校で唯一教えない英語 

学校の授業を思い出すと、英単語、文法、読解などは習いましたよね?

だけど、英語の発音の仕方を習ったことがある方は、結構少ないと思います。

もちろん、「apple」を「アッポー」と言わされた経験はあるとおもいますがw

学校の授業で教えられる発音は、「正しい英語の発音」ではありません。

 

ただ、英語を日本語でどう読むか?を習っているだけです。

 学校の先生で、長期の留学経験がある人ってどのくらいだと思われますか?

eikaiwa.weblio.jp

 

こちらのコラムによると、高校の英語の先生で留学経験がある割合は50%越。

しかし、留学経験がある30%は1月未満の短期留学。

学校の先生の中で、海外で実際に生活をして生きた英語を話した経験がある人って意外に少ないですよね。

 

教職をとった時に、教育実習に行くとクラス運営という科目の実習が必要なので、受験生のクラスを受け持ち、ホームルームでやっている英語のミニテストの解答を読む時に、生徒からは相当感動されました。

あれは素直に嬉しかったですが、この高校生たちは普段どんな英語聞いてるんだろう…と若干モヤモヤしたことを覚えています。

 

私は生まれてから2歳半までアメリカにいたので、両親の影響もあり帰国後小学1年生くらいまで、外国人教師のいる英会話教室に通っていました。

そのためなのか、中学に入って英語を音読させられると、先生もびっくりするくらい発音がいい!と褒めてくれてました。(ありがとうございます、再びw)

 

でも私からしたら、「学校の先生、生徒褒めている場合じゃないよ!」っていうのが、正直なところです。

 

幸運なことに私立中高一貫校に通っていたので、私が通った中高では海外で長期で生活していた先生もいて、発音が良い先生は尊敬してました。

ただ新卒で入ってきた英語の先生は、発音がひどすぎてほとんど授業を聞いてませんでしたw

本当に日本人が苦手なのは、自分の英語が伝わらないこと

日本語訛りの英語は、聞き取りにくいです。

ネイティブではない私でも、きちんと発音できていない英語を話す日本人の英語は何を言っているのかわからないことがあります。

オーストラリアで1日6時間のマンツーマンレッスンに参加して発音を矯正してきた私でさえ、気をぬくと海外では聞き返されることがあります。

日本人の私ですら日本人の英語は聞き取りにくい時があるのですから、英語を母国語にしている人にとってはそれくらい、日本人が話す英語は聞き取りにくいんですね。

 

でも、それは「日本人だから」ということではなく、

日本人の英語が伝わらないのは、学校で「正しい英語の発音」を教えられないまま、独自の方法で英語を話しているからです。 

それを知らないまま海外で英語を話すから、英語が通じなかったというもどかしい思いをするのです。

 

日本人は真面目だから、自分が感じた「英語が伝わらない」もどかしさを糧に、TOEICを勉強したりします。

それでも「伝わらない」という経験が、英語を話すことに対して恐怖心を抱かせているのではないかなぁ…と思うととても残念です

 

いくら文法や英単語を勉強したとしても、発音を特訓する人はほとんどいません。

自分の英語が伝わらないのは、英単語を知らない、表現を知らないからだと思ってしまうんですよね。

でも「発音」が正しくできていないから英語が伝わらないと思う人って少ないのです。

 

こうして検討違いの努力をどんどん重ねているのに、英語はちっとも伝わないという負のループにハマってしまい英語が苦手になってしまうのはもったいないです。

なぜなら、日本人が英語の発音が苦手なのは日本語と英語の舌の使い方が違うだけなので、正しく舌を使うことで、英語の発音はかなり改善されるから!

 

必要なのは、練習のみです♪

英語がなかなか伝わらない、英語がネックで海外旅行に行くのに不安を感じている方は、ぜひ英語の発音、気をつけてみてくださいね♪

本日も最後までお読みいただきありがとうございました♪